治療に専念して歩行を楽に|加齢と共に忍び寄る腰部脊柱管狭窄症

ハートを持つ看護師

臓器に関する病気

看護師

世田谷区を始め、内科や外科が用意されていることで人々は病気を治すことが出来ています。臓器に関する異常を感じたのであれば、とりあえず内科へ向かいましょう。それから専門外来を案内される事もあります。

More…

骨の異常に気付く

カウンセリング

若い男性に患者が多いとされている骨肉腫ですが、まずは良性か悪性か知ることが大切です。骨に何らかの異常を見つけた場合は骨肉腫を疑い、医師に診断してもらいましょう。

More…

医師の腕が肝心

カウンセリング

横浜クリニックは心療に関わる病気を取り扱っています。初診の方も安心できるように、ホームページでは丁寧に説明されています。悩んでいる症状があれば、医師に相談してみましょう。

More…

歩行も大変

医者

脊柱管狭窄症になると、主に脚の付け根から爪先にかけて多くの症状が出ます。普通に歩こうとしても痛みが伴うので、少し歩いて少し休むという行為を繰り返すでしょう。腰部脊柱管狭窄症と呼ばれることもありますが、腰に大きな痛みが出るわけではありません。また、動作をする事で痛みやしびれが起こるのが一般的であり、座ったり寝たりして動かなければ特に問題ないでしょう。症状が進行すると痛みやしびれが悪化するだけでなく、脚の力が弱くなって尿道や肛門にも影響する事があります。力が上手くコントロール出来ず、失禁する可能性もあるでしょう。そういった自体になる前に、医師には早めに診てもらって治療に入るのが一番です。

なぜ腰部脊柱管狭窄症になるのかと言うと、主に老化現象が原因です。また、長年働いて背骨を傷めていたり椎間板が変形していたりするのが関係しているでしょう。脊柱管狭窄症という名称からも想像できるように、様々な原因で脊柱管が狭くなり、そして神経の圧迫が起こります。血液の流れが悪くなる事で病気が発症してしまうのです。似たような症状として椎間板ヘルニアが挙げられます。腰部脊柱管狭窄症が加齢に伴うのに対し、椎間板ヘルニアは若い世代でも多く発症しています。また、この場合は腰の痛みが強く、治療法も異なります。ですので、全くの別物と考えて良いでしょう。骨に関する病という事で、レントゲンを撮るだけで詳細がわかります。珍しい病名ではないので、医師も的確に診断して治療法を提示してくれるでしょう。治療に関しては、コルセットを装着したり手術を受けたりするのが一般的です。